洋画家 城戸幸子(辻幸子) (1931〜 )
 
   
   略歴  小学生のころ、日本画家の教室で絵を学ぶ。

        1953 青山絵画研究所修了。辻永、小川伝四郎に師事。

        1957 武蔵野美大に学ぶ。森芳雄に師事し、色彩感覚を学ぶ。

        1965 鎌倉に居を移し、北鎌倉フリージア絵画教室主宰。

        1980 春陽会入選。中谷泰に師事、デッサンをおもに学ぶ。

        1983・84 銀座文藝春秋画廊にて個展を重ねる。入選を経て、現展委員となる。
                藤田吉香に師事、おもに画面構成を学ぶ。

        1986 鎌倉美術協会会員。日仏現代美術展入選パリ展。

        1999 田口安男に黄金背景テンペラ画を学ぶ。グループ展、個展多数。現在、無所属。
             日本美術家連盟会員。フリージア絵画教室主宰。     



        第11回エイズチャリティ美術展(2008年 1月24日〜2月4日開催)へ出品


back                                                                  NEXT